20代の仕事観・生き方

毎日定時帰りの仕事術! ホワイト企業も定時退社したい!

定時退社したい男性

こんにちは!

趣味は定時退社のアナログハリネズミです(/・ω・)/

さて、突然ですが、私は仕事で一ヶ月定時帰りを続けています。

以前から、月の残業時間は平均10時間程度だったのですが、

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣を読んで、世界的な成功者達の習慣を取り入れたら残業時間が0になったので、その方法を私の実体験を交えて語っていきます(*’ω’*)

 定時帰りの仕事術<心構え編>

f:id:syosya-man:20180210133457p:plain

仕事は「絶対に終わらない」からこそ定時で帰って良し!

前提として、全ての仕事が終わることはあり得ません。

ですので、仕事が残っていても帰っていいのです。

だって、帰らなくても全ての仕事は終わらないのですから。。。。

勿論、上司に頼まれた仕事の納期が明日の朝!この案件メールを送らないとトラブルになる!という場合は残業しましょう。

自分のキャリアのプラスになるなら残業!ならないなら定時退社!

私は「自分のキャリアのプラスになる場合」は残業します。

  • 納期が設定されている仕事
  • 上司や重要顧客からの依頼
  • 残しておくとトラブルになる仕事

逆に、「キャリアのプラスにならない場合」は定時で帰ります。

  • 納期が明確に決まっていない仕事
  • 小口顧客のわがままな要望(急な納期対応等)

当り前ですが、業務時間中は対応できる物は全て対応します。

しかし、就業時間が終われば「自分のキャリアのプラスになる事」以外は全て翌日に回します。

私の対応は冷たいと感じますか?

仕事は、「お人好し」に集まってきます。

私が十分な休息を取り、集中して仕事をするのが翌日以降の会社の利益になります。

終業後に対応しなくても会社の利益に影響がないなら、私は残業しません。

やるべきことは無限にあります。

全てに対応していたら時間が無くなり、残業する羽目になるのは当たり前です。

ちなみに、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ氏は、子供たちと夕食を食べるために毎日5時30分に退社するそうです。

朝一でメールは見ない。自分の案件を終わらせる。

朝一のメールチェックは、仕事が遅い人の典型的なパターンです。

メールは「あなたの時間を欲しい人」から来ます。

逆に、あなたが「時間を割きたい仕事」や「仕事を振りたい人」からメールは来ません。

一流の経営者や、サラリーマンは午前中をクリエイティブな仕事に割きます。

仕事を早く、かつ効率的に行いたいなら創造的な仕事を朝から昼までに行い、昼以降は日常の業務に時間を充てれば良いのです。

朝一のメールチェックは「私は他人本位で仕事をしています」と言っているようなものです。主体的に仕事をこなしましょう(=゚ω゚)ノ

意識的に集中状態を作り出す!昼休み終了10分前から仕事開始!

定時退社の為には「メールと電話が来ないうちに集中状態を作る」必要があります。

13時が午後の仕事開始の場合は、12時50分から仕事を再開しましょう。

昼休みなら電話は基本的にないので、集中して仕事に打ち込むことができます。

昼休みは眠い。。。。。

昼食後はキツイ。。。。

と言っている人は、睡眠不足か食べ過ぎの可能性があるので前日8時間睡眠をとる、昼食を高たんぱく低カロリーなものに変えるようにしてください。

私は、毎日弁当を持参しています。

弁当派になったメリットをまとめています。

【弁当男子】会社に弁当持参派になった体験談

前日の睡眠時間をきちんと取る!

一日の始まりは、前日の就寝時間だと考えてください。

朝起きてからが一日の始まりではありません。

しっかり7時間以上寝る事で、毎日頭が冴えて仕事が出来るのです。(本来8時間10分程度が好ましいのですが、現代社会で8時間睡眠は現実的ではありませんね)

プライベートにしろ、残業にしろ睡眠時間を削ることは翌日の定時退社から遠のくので早く寝ましょう。

定時帰りの仕事術<テクニック編>

f:id:syosya-man:20180228000109p:plain

仕事に優先順位はつけない。すぐ終わらせる!

仕事に優先順位はつけてはいけません。

5分以内で終わる内容でしたら、手元に来た瞬間終わらせてしましましょう。

一度やるべきことを確認してから、再度やるのでは二度手間です。

一回でやってしまえば、二回見る必要がありません。

最初に認識したときが、一番モチベーションの高い時です。

(勿論、緊急な仕事をしている場合は、この限りではありません)

TODOリストは作らない!スケジュール表に入れておく。

「TODOリスト」作らない方が良いです。

タスクが少ない状況だと消えていく快感が味わえますが、溜まっていると膨大なタスクがされてやる気が失せます。

TODOリストの問題は

「いつ・どのくらいの時間をかけて終わらせるかが明確にならない事」です。

スケジュール表に入れておけば、いつどのくらいの時間をかけるか認識できます。

同僚や上司もあなたのスケジュールが埋まっているのを見て、そこに予定は入れてこないでしょう。

TODOリストは辞めて、スケジュール表で管理しましょう。(*’ω’*)

メール文章のテンプレートを作成。

私は、キーボードを打つのが苦手です。

そして、以下の理由からメールの返信はテンプレートを何種類も用意しています。

  • キーボードを打つのは意志力を奪う
  • 仕事やってる感が出てるけど、時間の無駄
  • 通常業務メールで脳みそを使いたくない

毎日の仕事は同じような内容ですので、返すメールの内容も似た内容になりがちです。

自分の送っているメールのパターンを分析してテンプレートを作成すれば、文面を一から書く必要がありません。

極端な例では、メールで宛名を書くのに毎回「株式会社」と手打ちしている人を見ると残念な気持ちになります。

  • 宛名の○○株式会社
  • お世話になっております。
  • 文末の署名

上の3つは絶対にビジネスメールで記入する内容ですので、今すぐテンプレートを作成しましょう。

アウトルックを使っている場合は、「署名」の項目でいくつもテンプレートを作成できますので、確認下さい。

メールのテンプレートは費用対効果の高いので、可能な限り作成しましょう(=゚ω゚)ノ

私は5つテンプレートを作成していますが、送られてくるメールの3分の1程度は、テンプレートを少し変えるだけで対応可能です。

定時帰りの仕事術<仕事選び編>

f:id:syosya-man:20180422104859p:plain

儲かっている会社に入る

「お前が定時で帰れるのは、ホワイト企業だからじゃん」という声が聞こえて来そうです。

実際、その通りだと思います。

私の勤めている会社は、非常に儲かっており社風が穏やかです。

ホワイト企業は退職者が出ないので、一人当たりの仕事量も適切です。

また、資金力も強いので人的資本には、どんどんお金を投資しています。

逆に、

儲かっていない会社は「ビジネスモデルが弱い」「資本力が弱く投資ができない」問題を抱えています。

ビジネスモデルが弱く、資金力がない会社は「マンパワーを使い潰す」以外に方法がありません。

ブラック企業はなるべくしてブラック企業になるのです。

ですので、毎日定時退社したい人は「儲かっている会社」にすることをオススメします。

ルート営業や事務職など、残業が少ない職種を選ぶ

どんなに効率化しても定時で終わらない仕事量が課される会社や業種が存在します。

無形商材(教育や福祉といった目に見えない物)の新規獲得営業はその最たるものですね。。。

個人の発想力や体力といった、マンパワーに頼る職種は残業時間が多くなります。

逆に、有形商材(目に見える商品)のルート営業の場合は売り込むターゲットが明確な為、顧客リストも作成しやすく仕事が短時間で終わる傾向にあります。

「ホワイト企業に特化した転職エージェント」を選ぶのが最短ルート

f:id:syosya-man:20180321143321p:plain

ホワイト企業に転職したいならば、転職エージェント選びを本気で行うべきです。

これから紹介するのは、ホワイト企業への転職に成功した私や友人が実際にお世話になったエージェントです。

私は弟や大学の後輩を5人、第二新卒でホワイト企業に入社を手伝いましたので、自信を持って紹介出来るエージェントばかりです。

第二新卒向けの転職エージェント

私は第二新卒で転職しましたので、「第二新卒でホワイト企業に入る」事には、かなり敏感です。

第二新卒は強みとなる社会人経験がないので、「人柄」が転職に大きな要因になりますし、自身では気づいていない魅力が決め手になることも多いです。

第二新卒は魅力を引き出し慣れている、第二新卒・既卒の特化エージェントに行くのが一番の近道です。

【第二新卒特化エージェント】DYM就職

私が自信を持ってオススメするのがDYM就職です。(私も友人もここからホワイト企業に入りました)
DYM就職は、既卒・第二新卒の転職に特化した転職エージェントです。

私がDYM就職をオススメする理由
  • 相談からの就職率が驚異の96%
  • 既卒・第二新卒に特化しているエージェントなので安心
  • 登録企業数が豊富なので、前職から業界を変えることも可能
  • ミスマッチを防ぐ為に、面談をきちんと行ってくれる
  • 新卒の就職相談も行っているので、20代を欲しい企業へのパイプが強い
  • こちらの良い面を引き出そうと、頑張ってくれる

がDYM就職を推す理由は、「私の将来を真剣に一緒に考えてくれている」と強く感じたからです。お金ではなく、目の前の人を助けたいという信念が感じられました。

転職エージェントは、転職が1件決まれば給料の3カ月程度(数十万円~数百万円)を採用企業から支払われます。他社の転職エージェントは、面接が進むにつれ自社の紹介案件の企業に入れようと説得してきます。しかし、DYM就職の担当者は「あなたの人生なので、絶対に無理強いはしません」と仰って下さいました。

また、転職者が長く勤められる企業としか取引しないのが誇りというが今でも心に残っています。

第二新卒・既卒でホワイト企業を探している方、友人がブラック企業に勤めている方は、DYM就職相談に行って欲しいです。

営業職・事務職へオススメエージェント

「営業職」や「事務」職といった、多くの人が所属する職種の転職には「案件数が多いエージェント」が有利になります。多数派の転職が上手く行くかどうかは、「単に確率の問題」になることが多いのです。

紹介できる案件が100社と1,000社の転職エージェントの場合、ホワイト企業の数も単純に案件数に比例します。特に、大手はブラック企業の求人を相手にしなくても経営が成り立ちますので「営業職と事務職は、案件数の多い大手エージェントに行くのが鉄則」なのです。

リクルートエージェント

転職といったら「リクルートエージェント」と言われる業界屈指の転職エージェントです。登録企業数も圧倒的で沢山の高収入案件を抱えており、転職活動をするなら一回は相談に行くべきエージェントです。

難点としては「一流企業・高収入案件が多すぎる」ということです。20代後半以上の社会人経験とスキルが、ある程度のレベルに達している人ならば最強のエージェントですが、私のような第二新卒の転職者にとっては少しハードルが高い案件が多かったです。

定時退社をしたい私にとっては、外資系コンサルを紹介されても…….という感じでした。

しかし、10万件の非公開案件は役に立つので、とりあえず登録して時間がある時に会いに行くというスタンスで良いとおもいますし、転職エージェントとして持っている業界情報や景気動向は、他社では持ちえない情報なので「転職の指針作り」として活用するのもアリだと思います。

DODA

ブラック企業に勤めていた友人が「DODA(デューダ)」から、農林中央金庫の子会社に転職を成功させました。今ではブラック企業で培ったパソコンスキルをフル活用して、毎日定時退社をしているそうです。

個人的にを気に入っているのは、求人を出している企業を業種別・地域別に検索出来る点です。気になる企業があれば、グーグルで調べてみましょう!検索サイトで「企業名+評判」と調べれば、年収や勤務時間が簡単に調べられますので非常に便利ですね(笑)

採用ページ通りの良さそうな会社があれば、登録して「ここを紹介してくれ!」と言いに行きましょう(*´ω`*)「DODA(デューダ)」は、転職サイトの面も持ち合わせているのでそこそこホワイトな会社は3分程度で見つかりますよ。

業界別の特化エージェント

「ITに強い」、「介護や薬剤師の資格を持っている」という、スキルや資格で仕事を選べる方は「特化型転職エージェント」をオススメします。

業界のルールや悪い習慣を汲み取ってくれる転職エージェントと面談を行うのが、時間を無駄にしなくて済みますし、エージェントも業界経験者であることも多いので「かゆい所に手が届く」サービスを提供してくれます。

【IT/WEB系特化エージェント】メイテックネクスト

リクナビNEXT(転職サイト)における、エンジニア部門での転職エージェントとして満足度6年連続1位なのがメイテックネクストです。求人数もNo.1(常時10,000件以上)なので、エンジニアとして転職を考えている人には「サービスの満足度、案件数共にNO.1」という頼もしい存在です。

また、サービスの特徴としては「現職で忙しい人へ、土日祝日も面談を行っている」「会う時間がない方には、メール・電話でも対応してくれる」点です。エージェントに会うために仕事を休む必要がありませんし、地方在住の方でもメールと電話でやり取りできるので、時間と場所の制約が少ない転職エージェントだと言えます。

 

「ホワイト企業への転職」に対して誰よりもこだわる私が、メイテックネクストを信頼してるのは「ニッチトップ企業」「優れた技術を持つ無名企業」を非公開案件として扱っている点す。

「シェア1位」、「優れた技術を持つ無名企業」にこそホワイト企業は存在するので、そこをまで把握出来ているメイテックネクストは、信頼できます。

【IT/WEB系特化エージェント】マイナビエージェント

マイナビエージェントも言わずと知れた、最大手の転職エージェントですね。マイナビエージェントはITに特化したセミナーを開催しているのが特徴です。

マイナビの使い方としては、マイナビ✚リクナビで募集できる企業に大きく網を張って情報を集める使い方が良いようです。

マイナビエージェントも大手らしく高収入案件も数多く揃えているのですが、高収入案件は長時間労働になる傾向がありますので「自分の望むライフバランスを実現できる会社を探しに行く」スタンスでエージェントに会いに行きましょう。

【介護医療系特化エージェント】マイナビコメディカル

私の弟がお世話になったエージェントです。(当時は、『マイナビ医療介護のお仕事』というサービス名だったようです)

弟は大学を卒業して介護の仕事に就きました「残業代が出ないのが当り前」「年間休日も少ない」「辞める人にはボーナスを出さない」という、典型的なブラック企業でした。

しかし、介護の仕事のメリットは「手に職があるので、日本何処でも働ける」「ホワイトな職場も人手不足」という点です。 資格や経験が生かされる職業だからこそ、人間らしく働ける職場を自分から見つけに行きましょう(*´ω`*)

 

私が「ホワイト企業への転職」にこだわる理由

私は、転職前の会社は本当に悲惨で、転職してよかったと心から思っています。一人でも幸せな転職活動、就職活動をする人が増えればいいと思い、この記事を書きました。

弟や友人がブラック企業から抜け出して、以前の元気な姿を取り戻す姿を見せてくれた時や、将来を描ける会社に転職したおかげで恋人と結婚を考えるできたと言われた時は、非常にうれしかったです。

自分の勤めている会社に違和感を感じている方、友人がブラック企業で苦しんでいる方は一度転職エージェントに相談に行って欲しいと思います。

エージェントは、無料で相談や案件紹介を行ってくれますので、 今の会社に違和感を感じたら相談に行って欲しいと思います。

以上、『毎日定時帰りの仕事術! ホワイト企業も定時退社したい!』でした(^^♪