20代の仕事観・生き方

【19卒の就活生へ】新卒でホワイト企業を見つける方法。知名度を捨てよ!

就活生の皆様こんばんは!

三菱系のホワイト企業勤務のアナログハリネズミです(/・ω・)/

皆さんは、ブラック企業とホワイト企業のどちらに入社したいですか?私は、ホワイト企業が良いと思います(‘_’) 人間として尊重されて働くホワイト企業と、人間として扱われないブラック企業では、人生が大きく変わってきます。就活生の皆さんは、私のような失敗をして欲しくないので、この記事をよく読んで就活に役立ててください。

 

私は、NHKの内定を辞退して、自称ベンチャーの中小企業に新卒で入社しましたが、社風も悪いブラック企業だったので3カ月で転職しました(笑)

今では、笑い話ですが転職活動当初は「内定していたNHKに行っていればこんなことには。。。。。」と後悔の毎日でした。

しかし、今ではホワイト企業に転職できたので、笑える思い出だと思っています。しかし、人間不要な苦労はする必要がありませんので、今日は「ホワイト企業」の選び方をお教えます(/・ω・)/

私(27歳)の現在の待遇
  • 化学品の専門商社(文系卒です)
  • ボーナス:5.4カ月支給
  • 有給消化率:7割程度。申請すれば全て通る。
  • 月の残業時間:5時間~10時間程度
  • 福利厚生について:転勤中は家賃はタダ。1DKのシャーメゾン(礼金40万円)に在住。

ホワイト企業に就職するために

ホワイト企業に成る為の条件。

ホワイト企業もブラック企業も、その会社の体質によって「成るべくして成る」というのが、ホワイト企業とブラック企業両方の勤務経験のある私の結論です

ホワイト企業になる条件
  • 黙っていても儲かるビジネスモデル
  • 業界での地位や独自の技術を持っている
  • 人柄重視の採用を行う

「ビジネスモデル」「業界で特権的な地位や独自の技術」の2つはホワイト企業に成る為に絶対に必要なので覚えてください。

会社はビジネスモデルが全て。

毎日定時退社でも利益が上がるホワイト会社もあれば、社員のサービス残業によってやっと成り立つブラック企業もあります。

ホワイト企業とブラック企業の差は「ビジネスモデルの優劣」です。大手企業子会社のように特権的な地位を得て商売をしている会社や、高度な技術を持ってニッチな市場を独占している企業には競合相手がいないので、利益が確保できる販売価格を保つことができます。逆に、労働者を頼みにした労働集約的なビジネスモデルだと「社員をいかに安く使うか」が収益の柱になるので、ブラック企業化します。

名前を知ってる会社だから安心」というのは、21世紀では古い考え方です。

平均勤続年数は絶対にチェック!10年以下は敬遠しよう。

勤続年数は社風の落ち着いたホワイト会社程長く、ブラック企業ほど短い傾向にあります。

私の体感では「平均勤続年数が10年以下の会社は、何かしらの問題がある」と思います。

考えられる問題点
  • 社内の雰囲気が悪い
  • 昇給がほとんどない、
  • ハラスメントが横行している
  • 業界他社に比べて賃金が低い
  • 業界自体が勤続年数の短い過酷な業界

特に、勤続年数が短い理由を「キャリアアップの転職」と言っている企業は絶対に辞めましょう。会社で今以上にキャリアを積めないと判断されているだけです。前向な言い方ですが、労働者に愛想を尽かされているという意味です。 人は、不満があるから会社を辞めるのです。

高年収企業は激務!

有名大学の就活生は「年収は30歳で800万以下はクソ」と言います。(私も言ってましたので、)

これだけは言っておきます。「人より高給であるということは、人よりも長時間働いている」という単純な事実を忘れないで下さい。労働者の給料というのは、「最低限いくら払えば明日も、この労働者が動けるか」で決まります。簡単に言うと、最低限の生活資金と+労働価値です。

給料の決まり方

「明日働くための、最低限の衣食住費用とストレス発散費用」「仕事で提供できる価値(学歴や資格等も含む)」

同じ大学出身者で、給料が違う場合は単純に「会社のストレス度合」+「業界の違い」です。もちろん、労働市場は完璧にこの図式に当てはまるわけではありませんので、そのストレス度合が低いのに、給料がそれなりに高い会社を選ぶのが「ホワイト企業に入る」ということです。

給料の詳しい決まり方は、マルクスの『資本論』を勉強して下さい。

ホワイト企業はどうやって見つけるか。

面接を受ける会社の社員に聞いても分からない

面接を受ける会社の人にOB訪問しても、聞けることは限られています。

面接を受ける企業の人に会っても「やりがいや大まかな給料」までは教えてくれても、その会社の「変な所やおかしい制度」については教えてくれません。理由は、日本人は転職経験が少ないのと「サラリーマンは、学生が思っている以上に制約多いから」です。就活生に自社の悪いところを吹聴していることがバレれば、何かしらのペナルティーを受けることになります。

また、会社に残っている人は「会社を辞めるほどの不満がない人」か「会社にしがみつくしかない人」ですので、余計に会社の本当に悪い部分が見えて来ません。

志望度が高い会社や業界があるならば、直接話を聞きに行くことは非常に重要な事ですが、「業界よりもライフワークバランスが大切」という方は、これだけでは足りません。

「自分の足」を動かして「就職セミナー」に参加する

「ホワイト企業入りたい」ならば、「ホワイト企業を良く知っている人たち」に会いに行くのが一番です。

ホワイト企業には、誰しもが入りたいと思っていますが就活生は「自分の力に頼り過ぎ」です。自分で会社を探してきて、自分の目で確かめる。。。。。。。。これは非常に非効率的な方法です。

ホワイト企業へは「知名度を無視すること」が大切ですので、自分で探すのが非常に難しくなります。私も今勤めている会社は、学生時代や転職開始時点では全く知りませんでした。

名前も知らないホワイト企業に会うためには「ホワイト企業が集まる場所に行く」のが一番近道です。私が就活生の方々にオススメしているのが、MeetsCompanyです。

MeetsCompanyを就活生の方にお勧めする理由
  • 説明会がほぼ毎日行われている(東京)
  • 年間のサービス利用者約10万人のノウハウの蓄積
  • セミナー後に担当エージョントと面談して、応募書類の添削・面接対策をしてもらえる
  • ベンチャーから東証一部上場企業2,000社以上とのコネクションがある。
  • 全てのサービスが無料

就職支援のプロは、面接対策からESの添削まで非常に有効なノウハウを持っています。プロのノウハウが全て無料なので、積極的に使いましょう。 また、就職エージェントは、取引企業との信頼関係を重視しており、人材のミスマッチに対して非常に神経を使っていますので、あなたの希望に近い会社を選んで紹介もしてくれます。



ブラック企業に入るとあなたの人生や積み上げてきた物、その先のキャリアを全て破壊されます。ブラック企業に入らないためにも、情報収集は念入りに行いましょう!

以上、『【19卒の就活生へ】新卒でホワイト企業を見つける方法。知名度を捨てよ!』でした(^^♪

就活で簿記二級を取るべきか?なんて質問は、ナンセンス!