20代の仕事観・生き方

大学生活で後悔・やっておけば良かったことランキング!

こんばんは!

社会人と大学生活が人生のピーク!アナログハリネズミです(/・ω・)/

さて、大学生の皆さん。人生を謳歌していますか?私は、大学生活に大体は満足していますが、後悔している面もあります。

この記事を参考にして、もっと充実した大学生生活を送って下さい!

大学生活で後悔していることランキング!

英語の勉強をもっとしていれば良かった。。。。

私が一番後悔しているのは「英語を話せるようになれば良かった」ということです。

文系の大学生にとって、一番役に立つ科目は「英語」です。

英語が得意であれば、簡単に金が稼げますし、就職も有利になりますし、モテモテ(異性・同性問わず)になれるコスパ最強技能です。日本人は全く英語が喋れませんので、英語が話せるだけで大きなアドバンテージです。

4年間ありますので、焦らずに長期休みの間だけでも英語を少しずつ勉強することをオススメします。私は、TOEIC780点まで在学中に取りましたが、話す方はまだまだです。

しかし、TOEICの点数が高いのは、それだけ英語に対して土壌があるということです。話せなくても、TOEICの点数は絶対に上げておきましょう!

もっと、学部の勉強すれば良かった。。。。。

一年生の頃に適当にこなしていた国文科としての教養科目をもっと勉強していれば良かったと非常に後悔しています。

国文学の教養なんて1円にもなりませんが、せっかくの「沢山の時間がある大学時代」に幅広い教養を身に着けておけば良かったと思います。

好きだった近代文学については、厳しいゼミにいたので勉強はしましたが、他の勉強は単位を取る為だけの作業でした。

大学では、パソコンの授業も中国語の授業も受け放題なのに、その機会を無駄にしたのは勿体なかったと思います。

タバコ辞めてれば良かった。。。。。

私は社会人になってから禁煙しました。

しかし、思うのです。。。。大学生の方がストレス少ないだろ!!大学生はとっとと禁煙しろ!

大学生なんて、ストレスフリーな生活をしているのに煙草を吸う理由がありません。毎月少ないバイト代を煙草代にするなんて非常にもったいないです。

タバコへの無駄使い、煙草をダラダラ吸う時間があるのが大学生活の特権とも言えますが、社会人でも辞めれるのですから、大学生は煙草を辞めましょう。タバコを吸っていてもモテませんし、肌が汚くなるだけで時間の無駄です。

早くスマホにすればよかった。。。。。

今では、若者の大多数がスマートフォンを持っていますが、私が大学生だった2013年頃はスマホとガラケーの過渡期でした。

初期のスマホなんて大した機能は持っていませんでしたが、「若者らしく、最新の機器に触れる」という好奇心を捨てたのは非常に勿体なかったと思います。

情報に素早く、アクセスできるツールを早く手に入れることは、これから社会をリードしていく若者には必須の姿勢だと反省しています。

大学の近くに一人暮らししていれば良かった。。。。

私は、実家から大学へ片道一時間半かけて通っていました。 通学時間なんて、人生の無駄ですので、一人暮らししていれば良かったと後悔しています。

東京の一人暮らしには月10万円程度かかるので、実際には現実的ではありませんが、シェアハウスなりで実家を離れて安く大学の近くに住む工夫をすべきだったと思います。大学に通うのに片道一時間半、趣味のキックボクシングに通うのも一時間程度かけていました。

家と、大学(職場)、趣味はなるべく近くに置いて、三点をつないだ三角形を小さくすることが人生の質を上げるコツです(/・ω・)/

趣味を仕事に出来るくらい熱中すれば良かった。

私は、大学四年間キックボクシングに熱中していました。3年目からは選手兼トレーナーとして働いていましたが、仕事は別の道を選びました。

キックボクシングの仕事がしたいかを言われると微妙ですが、4年間その道に打ち込めばその道で食べていくことは十分に可能です。私は、それが見つからなかったので普通の会社員をして生活をしていますが、「心から熱中できること」を見つけて、その道に多くの時間をかけていたら。。。。と思います。

20代前半は、まだまだ時間があるので見つけて努力してきたいと思っています(*’ω’*)

100%満足な大学生活なんて、無い。

私はサークル活動や塾講師を含め、非常に満足した大学生活だったと言えます。沢山の友人に囲まれて、最高に楽しい日々を送っていました。学業でも学部で一番キツイゼミに所属して、近代文学を研究できたのはいい思い出です。

一方で、勉強ばかりしていた友人は「もっと遊んでおけば良かった」「女子大生とイチャイチャしたかった」と嘆いています。彼は奨学金(返還不要)を貰い大学院まで進学して、TOYOTA㈱の研究職として働いているエリートですが、もう少し遊べば良かったと言っています。

何を選んでも、何かしら後悔が残る大学生活ですが、せめて「あれはやり通したから、満足だ」と思える何かに打ち込んで下さい。 そうすれば、楽しい社会人生活が待っていますよ(/・ω・)/

以上、『大学生活で後悔していることランキング!』でした!