ホワイト企業への転職

大手子会社と中小企業を徹底比較!大手子会社の圧勝!!

こんばんは!

昔はブラックオーナー企業!今は大手子会社ホワイト企業勤務のアナログハリネズミです(/・ω・)/今日はどちらにも勤務経験がある私が「大手子会社」と「オーナー企業」の比較を行っていきたいと思います!

 

中小企業は資本金1億円以下の会社ですので、子会社も厳密には中小企業に該当する会社が多いのです。しかし、親会社のバックアップがあるため「中小企業」と敬遠するのは間違いだと思います。此処では「大手子会社」と「中小企業」の差を明確にするために、「中小企業=オーナー企業」として扱います(中小企業の8割がオーナー企業であるから)

 

中小企業の定義

中小企業基本法では、製造業・建設・運輸業は資本金3億以下従業員数300人以下、卸売業は資本金1億円以下従業員数100人以下、サービス業は資本金5,000万円以下従業員数100人以下、小売業は資本金5,000万円以下従業員数50人以下を中小企業と定義しております。

小規模業者は、製造業では従業員20人以下、商業・サービス業では、従業員5人以下と定義されています。加えて、法人税法では、資本金額が1億円以下を中小企業と定義されております。法律や制度によって定義は変わるので、なかなか難しい面もありますが、就活おいては、中小企業庁も採用している中小企業基本法をもとに、大企業なのか、中小企業なのかを分類したほうが良いでしょう。

引用元:https://shukatsu-mirai.com/archives/26067

大手子会社と中小企業(オーナー企業)比較

欲しい人材に対する意識の差

大手子会社は、親会社と同様に新卒~中途を必要に応じて採用を行っています。此処で大切なのは「新卒を採用して育てる余裕がある」点です。

 中小企業では経験値のあるミドル人材を欲しているのが69%もあり、他社で経験を積んだ即戦力を欲しいと考えている傾向があります。(日本商工会議所の調査による)

株式市場とオーナーのルール、どちらに従うか

オーナー企業の定義は「代表者と筆頭株主が一致している」ことを言います。

株式会社においては、筆頭株主は役員の人事権を持つ権力者で、過半数以上の株式を持っている場合は、その会社を支配しているのです。

子会社に勤務するということは株式を公開しているサラリーマンとしてルールに従うことになり、オーナー企業に勤務するということは、オーナーの決めたルールに従うということです。

子会社もオーナー企業も経験した私から言えるのは、どちらも息苦しいですが金払いが良い大手子会社の方が圧倒的に良いと思います。

深刻な人手不足

 企業規模別有効求人倍率(㈱リクルート ワークス研究所「ワークス大卒求人倍率調査」)

  • 大企業・・・1.0倍
  • 中小企業・・・3.6倍

大企業では人手が十分なのに対して、中小企業では人手不足が深刻なことが分かります。

また、生産人口が減少するなかで待遇改善を図らない限り、人手不足は恒常化しうる問題です。若者の大手志向や、大手企業と中小企業の賃金格差により、中小企業を巡る状況は非常に厳しい。離職率が高い→人手不足による負担増→離職率の更なる上昇という負の連鎖が起こっています。(大手企業は11.1%、中小企業12.3% 2012年厚生労働省・雇用動向調査)

 給料・ボーナスが全く違う

「大手子会社」と「中小企業」では、賃金や福利厚生が全く異なります。中小企業白書(2016)』によると、中企業は大企業に比べて賃金は82%しかないことが分かります。

賃金 年収 比率
大企業 38万1,900円 458万2,800円 100%
中企業 31万2,100円 374万5,200円 82%
小企業 28万5,900円 343万円800円 75%

 中小企業の方が平均年齢は高いので、昇給率も中小企業の方が低い事が分かります。

大手企業子会社は、ボーナスの倍率や昇給率は親会社に準拠しますので、上記表の「大企業の90%程度」だと考えれば妥当だと思われます。(私は、子会社勤務4年目ですが、大企業平均は超えています)

給料がこれだけ違うので、住宅手当や家族手当、資格手当等の福利厚生になると給料以上の差が生まれてきます。

 

以上『大手子会社と中小企業を徹底比較!大手子会社の圧勝。』でした(^^♪

あわせて読みたい
【体験談】ホワイト企業へ転職して驚いたこと。人が当たり前に、人として働く場所。昔はブラック企業勤務!今は三菱系のホワイト企業勤務のアナログハリネズミです(^^♪ さて、 ブラック企業とホワイト企業を分ける要因...