20代の仕事観・生き方

就活で「簿記二級」は有利になるのか?なんて寝ぼけたことを言うな。 

こんばんは!

ホワイト企業商社勤務のアナログハリネズミです(/・ω・)/

さて、後輩の就活生から「就活前に簿記2級は取った方がいいですよね!」なんて、的外れな事を言ってきたのがおりますので、社会人の私が解説します。出来ないより、出来る方がいいなんて当り前のことだと思うんですけどね!(笑)

「簿記二級」なんて、採用にほぼ関係ない理由。

簿記二級なんて、内定出した後に勉強して貰えばいいと思っている。

簿記を持っていても就職で大して有利にならない理由は「簿記二級程度は内定出した後に、入社までに勉強して貰おう」と考えているからです。

簿記二級程度は、数カ月勉強すれば誰でも受かる試験ですので、面接官は特別な意味を感じていません。むしろ面接官は「若者らしい元気さがあるか」「体力があり、理不尽に耐性があるか」「職場で良好な人間関係を構築できそうか」という点を重視しています。

簿記二級よりも、人柄と論理的思考力・ポテンシャルの方が大切。

新卒を採用するのは基準は「人柄・学歴・ポテンシャル」です。

人柄や学歴、ポテンシャルは、数カ月勉強すれば取得できる簿記二級よりも、あなた自信を表しています。人柄は20年以上をかけて形成されているので、簡単に変えることはできません。学歴も「遊びたい盛りに向上心を持って、勉学に打ち込んだ」ことの証明です。

目の前にお金(就職先)をいうニンジンをぶら下げられて、二十歳以降に取った資格とは重みが違うのです。

実務レベルでは、非常に有効な資格。営業にも必須スキル。

就活に有利にならないからと言って、悲観しないでください。簿記二級は、サラリーマンをするうえでは非常に重要なスキルです。

経理だけではなく、営業職も簿記二級は取った方が良いです。取引先の決算書や財務諸表を読んだり、決済条件を決めるのは営業の仕事ですので、簿記二級の知識は非常に役立ちます。というか、簿記の知識がないと決算書を本当の意味で読むことはできません。

しかし、簿記の知識や資格はあなたの魅力のプラス要素程度でしかないので、人柄や長所を伸ばした方が良いと思います。

TOEIC780点は、転職時にも評価が高い。

「就活でも転職でも、英語は最強の資格」と覚えていて下さい。

新卒はポテンシャル採用ですが、TOEICの点数を重視する武田薬品工業のような会社も増えています。

しかし、私が一番英語を勉強して良かったと思ったのは、転職活動をした際です。中途は「具体的に何が出来て、どんな役割を担っていたか」が問われますので、資格の有無は非常に重要です。TOEICの点数が高いだけで、受けられる企業の知名度や待遇が全く違います。

就活生の最強の資格は、若さと可能性に裏付けされた「新卒カード」ですが、転職する際にあ「簿記」や「英語」は、あなたのスキルや能力を保証する武器になることは覚えておいて下さい。

就活ではなく、人生に必要な資格や勉強に時間を割こう

就活生「就活で有利な資格を教えて下さい」

気持ちは分かりますが、仕事でお金を貰うことは、労働力や知識を提供することですので、自分が提供できる仕事の質を向上されることが、一番の近道です。簿記も英語も出来れば選択肢が広がりますが、自分に本当に必要か考えましょう。

サービス業に就職したいと考えているなら簿記よりも大切な資格や経験、人柄があるでしょう。英語については、就職の為でなく「自分の生き方に必要か」で考えましょう。語学の習得には膨大な時間がかかるので、生半可な覚悟では時間の無駄になります。

しかし、語学は使えると交流できる人間の数が数倍になりますし、読めなかった本を読めるようになる等の人生を豊にしてくれます。勿論、年収も上がりますし転職もしやすくなります。 「就活の為」なんてつまらない理由ではなく、人生の為に英語は勉強するに越したことはありません。(必要ないと割り切るのも一つの手です)

 

以上、『就活で「簿記二級」は有利になるのか?なんて寝ぼけたことを言うな。』でした(^^♪