カラダの内側から綺麗になる!

【宿便は嘘】宿便とは滞留便。臭いのは腐敗が進んでいるから。

こんばんは!趣味は筋トレと健康生活探求のいのりょです(=゚ω゚)ノ

さて、本日は宿便は嘘。宿便とは滞留便であり。腸内環境正常化こそ正義」というテーマでお送りします。

特に、宿便は断食と語られることが多いですね。

しかし、「宿便を出す」目的の断食は、非効率的な行為です。断食せずに、腸内環境を改善する方法もお伝えします(/・ω・)/

宿便とは何か?どう定義されているの?

「宿便」=「腸に長年こびり付いている大便」という人がいますが、それは嘘です。

医学的な定義を確認しましょう。

本例の症候が「宿便」であるなら、その本態は腸管にこびりついた便によって種々の症状を来すということではなく、消化管運動異常の結果として盲腸~条行結腸に便が滞留することであろうと推察します。

引用元:『宿便についての一考察.について』東洋医学雑誌66 巻 (2015) 2 号 p. 173-174(洲崎 文男寺澤 捷年

 世間で言われるような「腸に媚びりついており、断食で腸壁から剥がれる」なんて定義はされていません。 

消化管運動に異常が起こった際に「腸に滞留する便」を「宿便」と定義すべきだと論じています。

また、宿便が臭いと言われるのは、40℃近い腸内に長い時間留まることによって、腐敗しているのが原因と考えられます。

断食が効果的であるように勘違いしている理由。

「宿便」は「断食」と語られることが多いですね。

「断食」を行うと、以下の効果が期待できるとされています。

  • 宿便が出る
  • 目覚めが良くなる
  • 肌がきれいになる
  • 活動的になる
  • 毒素が抜けてデトックスされる

断食によって「美容効果」は得られますが、断食でなくとも得られます。そもそも、断食は「腸内環境正常化」における非効率的な手段の一つに過ぎません。

「食物繊維、ビフィズス菌の摂取」「乳酸菌の摂取」等、日々の食生活で改善すべき点は多々あります。

いのりょ
いのりょ
断食で体調が良くなる人は、そもそも生活習慣が悪い人です。

日頃の不摂生を「断食という非常手段で強制的にリセット」しているだけなのです。

目覚めについても、「断食」することによって、ブドウ糖ではなく「ケトン体」(詳細は後述)をエネルギーとして使用することで、体が元気になったと感じているだけです。

断食は苦労の割に、リターンは少ない方法です。日々の生活習慣を見直すことが健康への第一歩です。

カノジョ
カノジョ
毎日の生活習慣が大切なんだね!

「宿便」信仰。黒い便は、餓死した腸内細菌の死骸。

「断食すると、腸にこびりついていた黒くて臭い宿便が出る」のも嘘です。

断食をして出てくる大量の、臭い黒い便は「腸内細菌の死骸」です。

栄養が入ってこなくなったことにより腸のエネルギーが枯渇し、腸内細菌が死滅してしまうのです。

また、断食中の下痢についても下記の通りです。

断食により腸のエネルギーがなくなり、腸で水分が吸収できなくなります。これが断食で下痢をする理由です。デトックスされているわけではありません。

引用元:炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1

腸内細菌は成人の場合2~3㎏腸内に生息し、成人の一回の大便の重さは200g~300gです。

つまり、腸内細菌が死滅すると「10回分」の大便に相当する量が排出されることになります。

黒い大便がこれだけ排出されるのですから、「毒素が抜けた」と勘違いしてもおかしくないでしょう。

善玉と悪玉の腸内細菌バランスのリセット

「断食」のメリットの1つが「腸内細菌の死滅による、腸内環境のリセット」です。

腸内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」が存在しています。

アルコールや精製糖の過剰摂取、ストレスが多い現代人は悪玉菌が多くなる傾向にあります。

腸内環境の悪化は、以下の症状を引き起こします。

  • 肌荒れ
  • 便秘や下痢
  • ストレス軽減ホルモンのセロトニンの分泌量減少
  • 肥満の促進
  • 倦怠感。やる気が出ない。
  • 睡眠の質低下

毎日のストレスに負けず、きれいな肌で元気に過ごすためには、腸内環境がとても大切です。

いきなり断食を行うのではなく、乳酸菌飲料を飲む、キムチと納豆を食べる、ヨーグルト(ビフィズス菌配合)を食べる等、腸内の善玉菌を増やしましょう!

断食は、対処療法でしかありません。根本的な生活習慣の見直しをオススメします。

腸内環境を整えると痩せる!元気になる!

「腸内環境を整えろというが、そんな効果あるのか」と聞かれれば、「腸内環境こそが健康のカギである」と答えます。

【腸内の善玉菌を増やすメリット】

  • 痩せやすく、太りにくくなる。
  • 活動的になれる
  • 肌がきれいになる
  • ストレスが軽減される

生物は、そもそも捕食器官(口)と消化器官(胃腸)から始まっています。

胃腸こそが、最初の臓器なのです。

胃腸が正常に機能するために、役割を果たしているのが「腸内細菌」なのです。

ここで、大腸菌の善玉菌(バクテロイデス門)と悪玉菌(フィルミテクス門)の働きについてご覧下さい。

  • 善玉菌の働き・・・糖質を体がエネルギーとして使えるようにするのが専門。 →あなたを元気にする味方!
  • 悪玉菌の働き・・・脂質の吸収率上昇に大きな役割を果たす。→あなたを太らせる敵。

つまり、善玉菌が多くなれば炭水化物を素早くエネルギーに変えるので活動的に過ごすことができます。

一方で、悪玉菌が増えれば、脂質の吸収率が上がるのでデブになりやすく、エネルギーの変換効率も落ちるので元気がなくなるです。

腸内環境正常化は、大腸と小腸を分けて考えてください。

大腸と小腸は機能が違うので当然、作用する成分や菌も違います。

特に、乳酸菌は取っているから大丈夫!という方がいますが、小腸だけ腸内環境を整えている状態であり、乳酸菌は大腸にほとんど作用しません。

大腸と小腸、バランスよく腸内環境を整えましょう。

  • 小腸で働く→乳酸菌
  • 大腸で働く→ビフィズス菌、食物繊維

乳酸菌はヤクルトやヨーグルトで気軽に採れるので小腸は健康なのに、ビフィズス菌や食物繊維が採りにくい為、大腸の方が悪い。。。。という方が多いのが現状です。

腸内環境を整えつつ、痩せやすいカラダに!

大腸の腸内環境が悪いなら「ビフィズス菌が入っているサプリ」を取れば問題は解決します。私がオススメしているのは、富士フィルム㈱が出しているメタバリアSです。

  • 14日分もお試し期間があり、ユーザーがきちんと判断できるようにしている点。
  • 500円(税抜き)✚送料無料と、試すだけなら負担も少ない。
  • 悪徳業者のように、勝手に継続購入に切り替わらない誠実な対応

品質が高いのは当然ですが、上の3点も私が気に入っている理由です。

『メタバリアS』で、腸内のビフィズス菌の割合が5倍に!

『メタバリアS』に含まれている「サラシノール」という植物由来の成分が「4週間でビフィズス菌を5倍増加させた」という結果が出ています。

整えにくい大腸の腸内環境を改善してくれる強い味方です。

糖の吸収を抑えて、太りにくくする!

『メタバリアS』=「ダイエット食品」というイメージが強いのではないでしょうか。

それは『メタバリアS』の「糖の吸収を緩やかにする」作用によるものです。

「夜はお腹いっぱい食べてしまう。。。。」

「炭水化物大好き。。。でも、痩せたい」

「小腹がすいて、寝ないけど食べて太りたくない。。。。」

という方は、食べる前に『メタバリアS』を3錠飲むだけで肥満防止になります。

腸内環境改善→太りにくくなるの好循環

『メタバリアS』を飲めば、腸内環境が改善されて「太りにくく、痩せやすい」カラダになります。

さらに、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、飲むだけで肥満防止になっているのです。

『メタバリアS』の性能高すぎだろ。。。と思いますが、日本初の「糖の吸収を抑える」と「腸内環境」を整えるという2つの機能性を持つ機能性表示食品ということで、納得です。※富士フィルム㈱調べ

『メタバリアS』が「肥満防止」に役立つ理由。

  1. 腸内環境を整えることで「太りにくく、痩せやすいカラダ」へ。
  2. 血糖値の急な上昇を抑えてくれるので、脂肪が付きにくい。

今なら『メタバリアS』14日間のお試しが540円(税込)+送料無料で手に入ります。気になった方の為に公式HPを貼ってきます。

540円で試せるものとしては、間違いなく最高の品質だと言えますので、買って損はしません

いつまでも綺麗な肌と健康的な体系を維持して、明るい毎日を送りましょう(*´ω`*)

「メタバリアS」公式HPはこちら

正しい知識は本から手に入れる

ネットやテレビの情報は、刺激的なキャッチコピーにあふれています。

しかし、日々の生活は「当り前のことを当たり前にやる」、「自分や家族の健康に関わる事は、自分で時間をかけて調べる」ことが大切です。「時間をかけて調べる」とは「正しい知識も持つ人が書いた本を熟読すること」です。

「メタバリアS」が凄いのは分かったけど、もっと理屈を知りたい!という方の為に、オススメの本を紹介します!

どれも値段以上の価値を提供してくれる良書なのは保証します(*’ω’*)