ホワイト企業への転職

【第二新卒の転職】中小企業に行きたくない!!優良ホワイト企業の見つけ方。

中小企業に行きたくない

 

こんばんは。

新卒で入った会社を3カ月で見切りをつけ、ホワイト企業に転職した徒然なる商社マンです^^

さて、皆さんは中小企業に行きたいでしょうか?

私は、ブラック中小企業に勤めて悲惨な体験をしたのでもう嫌です。

しかし、優良大企業に入社できる人材も限られてますので、「上場企業子会社」や「独自技術で競合がいない」優良中堅企業に入る策を考えるのが良いと思います。

私自身、数百億円規模の上場企業の100%子会社(まさに中堅)にいますが、毎日快適です。

儲かっている中堅ホワイト企業は、人も温厚な人が多くて最高です(*’ω’*)

私のように、転職で成功して一人でも幸せな仕事生活が送る手助けが出来たら幸いです。

優良ホワイト企業に入るために!

1.「転職会議」を使う。

就職活動で、リブセンス社の「転職会議」は必須です。

【転職会議】企業の評判から求人までわかる転職クチコミサイト

「転職会議」ではその企業に勤める人や辞めた人が、年収や働きやすさ、将来性などについて5点満点で採点をしてコメントを載せています。

つまり、従業員や退職者の不満や愚痴をダイレクトに聞くことができるのです。

目の前の面接官に聞くよりも、よっぽど有効な手段と言えるでしょう。

  • 企業の口コミを1項目投稿する
  • 980円(税抜き)を払う

口コミを書くか、お金を払うかどちらかで1カ月間、企業の口コミが見れるのでこちらは絶対に登録しましょう

(980円で受ける価値のない企業を一つ切れたら、それだけで費用対効果があります)

私の主観ですが、総合点数3/5を切る企業は敬遠すべきでしょう。

(私は、☆3.5/5以下の企業は面接練習として割り切って受けていました)

 

評点の低い会社は総じて、給料が低く、他の従業員に対する不満が書いてあります。

給料が安いくて雰囲気も悪いなんて、罰ゲームですね。。。。

転職活動や就職活動は、お金がかかるかもしれませんが、「転職会議」への登録は絶対にして下さい。

【余談】

私の転職先は、星が全く付いていませんでした。

理由は、「退職者が極端に少ない(数年に1人)」のと、「社員の満足度が高いので退職しても悪口を書かれることがない」 からです。

もし、面接を受ける企業で、歴史はあるのに口コミが無い会社があれば、狙い目かもしれませんよ(^_-)-☆

2.優良ホワイト企業を探すコツ

転職では、独自技術や特権的地位を持っている会社を狙う

ブラック企業とホワイト企業の違いは、黙っていても儲かるか否かです。

特許技術を持っていたり、大企業の子会社であったりと特権的な地位を築いている企業は精神論に頼らなくても儲かります。死に物狂いで働かなくてもいい企業は、社風が穏やかになります。

一方、独自技術が無かったり、仕事をくれる大手企業との強いコネクションがない企業はマンパワーに頼るしかなく、ブラックな社風になっていきます。

100%子会社という選択肢を受け入れる

「子会社は負け組」

就活生や大手企業勤務の人は思っている人も多いです。

しかし、私は声を大にして言いたい。

大手100%子会社は、待遇良いよ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

給料は、親会社の8割~9割程度貰える子会社も多いですし、親会社程忙しくないのでコストパフォーマンスは良いです。

副業解禁が迫り、年収800万円以上のサラリーマンに増税が決まった日本では、ゆるふわ勤め人をして、副業を頑張り5年後自営業に転身するのが、まともな選択肢だと私は思っています。

 

「ホワイト企業に特化した転職エージェント」を選ぶのが最短ルート

f:id:syosya-man:20180321143321p:plain

ホワイト企業に転職したいならば、転職エージェント選びを本気で行うべきです。

第二新卒向けの転職エージェント

私は第二新卒で転職しましたので、「第二新卒でホワイト企業に入る」事には、かなり敏感です。

第二新卒は強みとなる社会人経験がないので、「人柄」が転職に大きな要因になりますし、自身では気づいていない魅力が決め手になることも多いです。

第二新卒は魅力を引き出し慣れている、第二新卒・既卒の特化エージェントに行くのが一番の近道です。

【第二新卒特化エージェント】DYM就職

私が自信を持ってオススメするのがDYM就職です。(私も友人もここからホワイト企業に入りました)
DYM就職は、既卒・第二新卒の転職に特化した転職エージェントです。

私がDYM就職をオススメする理由
  • 相談からの就職率が驚異の96%
  • 既卒・第二新卒に特化しているエージェントなので安心
  • 登録企業数が豊富なので、前職から業界を変えることも可能
  • ミスマッチを防ぐ為に、面談をきちんと行ってくれる
  • 新卒の就職相談も行っているので、20代を欲しい企業へのパイプが強い
  • こちらの良い面を引き出そうと、頑張ってくれる

がDYM就職を推す理由は、「私の将来を真剣に一緒に考えてくれている」と強く感じたからです。お金ではなく、目の前の人を助けたいという信念が感じられました。

転職エージェントは、転職が1件決まれば給料の3カ月程度(数十万円~数百万円)を採用企業から支払われます。他社の転職エージェントは、面接が進むにつれ自社の紹介案件の企業に入れようと説得してきます。しかし、DYM就職の担当者は「あなたの人生なので、絶対に無理強いはしません」と仰って下さいました。

また、転職者が長く勤められる企業としか取引しないのが誇りというが今でも心に残っています。

第二新卒・既卒でホワイト企業を探している方、友人がブラック企業に勤めている方は、DYM就職相談に行って欲しいです。

 

以上、【就活生、第二新卒必見】中小企業に行きたくない!!優良中堅企業の見つけ方。でした(^^♪