ホワイト企業への転職

【体験談】ホワイト企業へ転職して驚いたこと。人が当たり前に、人として働く場所。

昔はブラック企業勤務!今は三菱系のホワイト企業勤務のアナログハリネズミです(^^♪

さて、 ブラック企業とホワイト企業を分ける要因って、皆さん分かりますか?

ホワイト企業になるには、下の2つが絶対に必要です

  • 黙っていても儲かる「ビジネスモデル」と「業界での地位」
  • 「人を資産」として待遇できる「資金力」

ホワイト企業は特許技術や、業界や資本関係上の特権的な地位を構築しており、殺伐とするまで働かなくても良いので、社風が穏やかで人が辞めません。

逆に、ブラック企業や残念中小企業って、ワンマン社長がビジネスモデルが残念なのにマンパワーを当てにして社員を使い潰しますよね。。。

ホワイト企業に入った当初は「人が優しすぎる」「会話の知的水準が高い」「会社全体が仲がいい」「給料や手当が良すぎる」等、ブラック企業の待遇と違い過ぎて逆に疑心暗鬼になりました(笑)

そんな私が、ホワイト企業に入って驚いたこと」「ホワイト企業に強い転職エージェント」を紹介します(*’ω’*)

ホワイト企業に転職して驚いたこと

スキルではなく人間性が尊重される。

会社で働いているのは、大切な家族や友人がいる血の通った人間です。

これって、当たり前のことなんですけど、ブラック企業では理解していない経営者や上司が本当に多いですね。ブラック企業は「会社は自己成長の場」「会社は営利追求の為」「仕事できる奴が偉い」と喧伝しています。

ホワイト企業では「会社は生活の為に、労働力を提供する場所」「社員の幸福追求の為に会社がある」「仕事は真面目に取り組み、職場の雰囲気を大切にする人が尊重される」になります。

企業って、営利団体であると同時に、従業員やその家族の生活と心身の健康を守るための役割も果たしているんですよね。ホワイト企業の武器は「実績と社会的信用」なので、仕事がすごく出来ることよりも、人間として真っ当な価値観を持っていることが大切です。

ホワイト企業に入る重要なスキルは、「人柄」です。逆に、仕事できればいいだろ的な価値観の人は、会社も本人もお互いが不幸になるので採用されません。

新人は責任を持って育てるもの。喰らいついて来いというのは管理職の怠慢。

私がいたブラック企業では、「新人は先輩から教えて頂く存在」「新入社員は売り上げを出さないのでコスト」などと狂ったことを平気で言う会社でした。

「早く一人前になれというメッセージ」と受け取っていましたが、社会人歴を積むと社会常識のない人たちの集まりだったと思います。

準備期間2カ月で簿記二級の試験を受けさせられたり、入社二カ月で一人で法務局行かされて登記申請や定款変更手続きをさせられたり(司法書士の方がいるので何とかなります(笑))、持株会の解散手続きしたり、ともかく手を動かいて成長しろというスタイルでした。これって、ブラック企業では「圧倒的成長」って言うらしいですけど、新入社員が1人でこなせる難易度の低い仕事って、大して成長しないんですよね。

 

そんな会社を辞めて今の会社に入りましたが、最初は衝撃でした。

新人研修を受けた際、新人である私を「新社会人として」「会社員として」「一人の人間として」のびのびと成長させようという気持ちが、上司や先輩からひしひしと伝わってきたのです!(普通は当り前)

多額の予算をかけて社外研修にも参加させて頂き、私が必要だと思ったセミナーや書籍は全て会社が負担してくれています。分からない事があれば、部署全体でカバーしてくれるので安心して仕事を覚えることが出来ました。

新人を、大事に育てて戦力化するのがホワイト企業です。新入社員をコストと言うブラック企業と、将来を担う若者として扱う企業のどちらが社会に貢献する会社でしょうか。

定時に帰ることが推奨されるし、有休は甘えじゃない。

ブラック企業社員「上司が残ってるから、特にやることないけど残る。」

もう、平成30年ですよ!!

いつまで、第二次世界大戦の日本軍やってるんですか!

休まないと効率落ちますよ!!

上司が持ってる権限なんて、あなたのボーナスを数万円増やすか減らすか位で、命まで取られませんよ!!ブラック企業や一部の出世争い激しい大手企業って、本当に忖度が好きですよね。

我々ホワイト企業社員は、一刻も早く帰ることを目標に仕事に励んでいます。家族との時間を楽しんだり、趣味に時間を使ったりする為です。部下や後輩が気遣って帰り辛らそうにしていたら「出来るだけ早く帰りなさい」と声をかけるのが、上司や先輩の習慣ですね。

当り前ですが、人間は休息を取らないと効率が落ちます。しっかり休んでしっかり働き、しっかり遊ぶのがホワイト企業社員の日常です。

各自に帰宅後やること、楽しみがあるので「会社は会社」、「趣味は趣味」としてメリハリのついた生活をしています。各自のプライベートが充実していますので、他の人が有給を取得しても「あいつは仕ヤル気がない」、「ズルい」といった状況にはなりません。

仕事以外に平日の人生の楽しみ方を、知っているのがホワイト企業社員です。

部署同士が仲がいい。

f:id:syosya-man:20180209232947p:plain

ホワイト企業って、他部署と基本的に仲がいいです。逆に、ブラック企業は部署同士の仲が悪いです。

これは、人柄を重視するホワイト企業と、スキル偏重で自分たちの仕事で手が一杯なブラック企業の違いだと私は思っています。

部署が違っても同じ会社で働く仲間ですし、困った時はお互い様が普通の発想です。しかし、ブラック企業は部署ごとに物事を考える性質を持っているので、他の部署が予算を多く使っていたら文句を言いますし、自分の部署のルールを社内で適用しようとします。(真っ当な会社に勤めている方には、想像つかないと思います(笑))

ゲーム理論でいう「協調」が出来ないので、売り上げは伸びず、さらにブラック化するという悪循環ですね。。。。。

福利厚生、昇給制度が明確で働きやすい

「えっ、ここまで福利厚生して貰っていいんですか?」

転職初日、人事から渡された社内規定を読んでつい叫びそうになった言葉です。(日本語がおかしいのはこの所為です(笑))

ホワイト企業とブラック企業って、福利厚生が全く違うんですよね。給料は、変わらないか、ブラック企業のほうが見せかけだけ多かったりします。

住宅手当や有給日数、結婚の一時金や退職金、出張手当。。。。。。。。。。挙げ始めたらキリがないです。昇給や昇進モデルもしっかりしているので、人生プランが非常に立てやすいです。一生勤めるビジョンがきちんと浮かぶ待遇と福利厚生、昇進が用意されているのがホワイト企業です(^^♪

就業時間がきちんと守られる

  • ブラック企業「9時には業務を始めれるように出社して下さい」
  • ホワイト企業「9時までに出社して下さい」

これが、全てです。一事が万事。

会議が定刻に始まらない。そして、長い(笑)

ホワイト企業に転職して初日に驚いたのは「会議が定刻に始まらなくても怒られない」ということです。

入社初日は13時30分からチームミーティングだったのですが、時間になっても誰も席を立とうとしないばかりか、電話をかけ始めた人もいました(笑)

結局10分後に全員が揃って、ミーティングが始まりました。「会議に遅れてくる奴は、全員の時間を無駄にしている。殺人だ。」と言われていた私にとっては衝撃でした。勿論、定刻に始めるのが一番ですが、社内の雰囲気が寛容なホワイト企業ならではだと思います。

入社して3年が経ちますが、定刻に始まるのは社長が出席する会議だけです(笑)

新人だから早く来いという理不尽がない

「新人は30分早く出社してオフィスの掃除。給料は出ません」

はい、労働基準法違反です。

しかし、似たようなことが実際に行われている会社は、多いのではないでしょうか。新人は、仕事の役に立ちませんが奴隷ではありません。

仕事で役に立てないなら、就業時間内に掃除をさせるべきです。(させないで下さい(笑))会社って、時間と労働力を提供する代わりに賃金を得る場所であって、時間と人権意識を切り売りする場所ではないはずですが、ブラック企業では平気でこのようなことが行われています。

新人だろうと、会社で働く仲間です。会社の為に時間を使ったら報酬が発生します。

こんな当たり前のことも、私は今の会社に移って初めて気が付きました。

会社の為に身銭を切ることなかれ

「経理配属の方は、電卓を各自用意してください。自費で」

はい、会社という体裁も無くなってます。仕事で使うものを自費で用意させるって、本当にブラック企業は恐ろしいです。

仕事で使用するものは、ペンや紙からすべて経費として扱います。オフィス用品を自費で負担させるということは、その会社にとって従業員の幸福度より数百円の経費のほうが重要だからです。

ブラック企業にとって、従業員の給料も雑費もすべて本気で削減したいコストなんですよね(笑)

当り前ですが、仕事で使用する備品はすべて会社がお金を出します。しかし、今でもペンや電卓が無料で支給された時の感動は忘れません。。。。。。

会社の為に生きているわけではありません。生きる糧を稼ぎに行くところが会社なのです。

「ホワイト企業に特化した転職エージェント」を選ぶのが最短ルート

f:id:syosya-man:20180321143321p:plain

ホワイト企業に転職したいならば、転職エージェント選びを本気で行うべきです。

これから紹介するのは、ホワイト企業への転職に成功した私や友人が「実際にお世話になったエージェント」です。

第二新卒向けの転職エージェント

私は第二新卒で転職しましたので、「第二新卒でホワイト企業に入る」事には、かなり敏感です。

第二新卒は強みとなる社会人経験がないので、「人柄」が転職に大きな要因になりますし、自身では気づいていない魅力が決め手になることも多いです。

第二新卒は魅力を引き出し慣れている、第二新卒・既卒の特化エージェントに行くのが一番の近道です。

【第二新卒特化エージェント】DYM就職

私が自信を持ってオススメするのがDYM就職です。(私は、ここからホワイト企業に入りました)
DYM就職は、既卒・第二新卒の転職に特化した転職エージェントです。

がDYM就職を推す理由は、「私の将来を真剣に一緒に考えてくれている」と強く感じたからです。お金ではなく、目の前の人を助けたいという信念が感じられました。

転職エージェントは、転職が1件決まれば給料の3カ月程度(数十万円~数百万円)を採用企業から支払われます。他社の転職エージェントは、面接が進むにつれ自社の紹介案件の企業に入れようと説得してきます。しかし、DYM就職の担当者は「あなたの人生なので、絶対に無理強いはしません」と仰って下さいました。

また、転職者が長く勤められる企業としか取引しないのが誇りというが今でも心に残っています。

第二新卒・既卒でホワイト企業を探している方、友人がブラック企業に勤めている方は、DYM就職相談に行って欲しいです。

営業職・事務職へオススメエージェント

「営業職」や「事務」職といった、多くの人が所属する職種の転職には「案件数が多いエージェント」が有利になります。多数派の転職が成功するかは、「単に確率の問題」になることが多いのです。

紹介できる案件が100社と1,000社の転職エージェントの場合、ホワイト企業の数も単純に案件数に比例します。特に、大手はブラック企業の求人を相手にしなくても経営が成り立ちますので「営業職と事務職は、案件数の多い大手エージェントに行くのが鉄則」なのです。

リクルートエージェント

転職といったら「リクルートエージェント」と言われる業界屈指の転職エージェントです。登録企業数も圧倒的で沢山の高収入案件を抱えており、転職活動をするなら一回は相談に行くべきエージェントです。

難点としては「一流企業・高収入案件が多すぎる」ということです。20代後半以上の社会人経験とスキルが、ある程度のレベルに達している人ならば最強のエージェントですが、私のような第二新卒の転職者にとっては少しハードルが高い案件が多かったです。

定時退社をしたい私にとっては、外資系コンサルを紹介されても…….という感じでした。

しかし、10万件の非公開案件は役に立つので、とりあえず登録して時間がある時に会いに行くというスタンスで良いとおもいますし、転職エージェントとして持っている業界情報や景気動向は、他社では持ちえない情報なので「転職の指針作り」として活用するのもアリだと思います。

DODA

ブラック企業に勤めていた友人が「DODA(デューダ)」から、農林中央金庫の子会社に転職を成功させました。今ではブラック企業で培ったパソコンスキルをフル活用して、毎日定時退社をしているそうです。

個人的にを気に入っているのは、求人を出している企業を業種別・地域別に検索出来る点です。気になる企業があれば、グーグルで調べてみましょう!検索サイトで「企業名+評判」と調べれば、年収や勤務時間が簡単に調べられますので非常に便利ですね(笑)

採用ページ通りの良さそうな会社があれば、登録して「ここを紹介してくれ!」と言いに行きましょう(*´ω`*)「DODA(デューダ)」は、転職サイトの面も持ち合わせているのでそこそこホワイトな会社は3分程度で見つかりますよ。

業界別の特化エージェント

「ITに強い」、「介護や薬剤師の資格を持っている」という、スキルや資格で仕事を選べる方は「特化型転職エージェント」をオススメします。

業界のルールや悪い習慣を汲み取ってくれる転職エージェントと面談を行うのが、時間を無駄にしなくて済みますし、エージェントも業界経験者であることも多いので「かゆい所に手が届く」サービスを提供してくれます。

【IT/WEB系特化エージェント】メイテックネクスト

リクナビNEXT(転職サイト)における、エンジニア部門での転職エージェントとして満足度6年連続1位なのがメイテックネクストです。求人数もNo.1(常時10,000件以上)なので、エンジニアとして転職を考えている人には「サービスの満足度、案件数共にNO.1」という頼もしい存在です。

また、サービスの特徴としては「現職で忙しい人へ、土日祝日も面談を行っている」「会う時間がない方には、メール・電話でも対応してくれる」点です。エージェントに会うために仕事を休む必要がありませんし、地方在住の方でもメールと電話でやり取りできるので、時間と場所の制約が少ない転職エージェントだと言えます。

 

「ホワイト企業への転職」に対して誰よりもこだわる私が、メイテックネクストを信頼してるのは「ニッチトップ企業」「優れた技術を持つ無名企業」を非公開案件として扱っている点す。

「シェア1位」、「優れた技術を持つ無名企業」にこそホワイト企業は存在するので、そこをまで把握出来ているメイテックネクストは、信頼できます。

【IT/WEB系特化エージェント】マイナビエージェント

マイナビエージェントも言わずと知れた、最大手の転職エージェントですね。マイナビエージェントはITに特化したセミナーを開催しているのが特徴です。

マイナビの使い方としては、マイナビ✚リクナビで募集できる企業に大きく網を張って情報を集める使い方が良いようです。

マイナビエージェントも大手らしく高収入案件も数多く揃えているのですが、高収入案件は長時間労働になる傾向がありますので「自分の望むライフバランスを実現できる会社を探しに行く」スタンスでエージェントに会いに行きましょう。

【介護医療系特化エージェント】マイナビコメディカル

私の弟がお世話になったエージェントです。(当時は、『マイナビ医療介護のお仕事』というサービス名だったようです)

弟は大学を卒業して介護の仕事に就きました「残業代が出ないのが当り前」「年間休日も少ない」「辞める人にはボーナスを出さない」という、典型的なブラック企業でした。

しかし、介護の仕事のメリットは「手に職があるので、日本何処でも働ける」「ホワイトな職場も人手不足」という点です。 資格や経験が生かされる職業だからこそ、人間らしく働ける職場を自分から見つけに行きましょう(*´ω`*)


私が「ホワイト企業への転職」にこだわる理由

私は、転職前の会社は本当に悲惨で、転職してよかったと心から思っています。一人でも幸せな転職活動、就職活動をする人が増えればいいと思い、この記事を書きました。

弟や友人がブラック企業から抜け出して、以前の元気な姿を取り戻す姿を見せてくれた時や、将来を描ける会社に転職したおかげで恋人と結婚を考えるできたと言われた時は、非常にうれしかったです。

自分の勤めている会社に違和感を感じている方、友人がブラック企業で苦しんでいる方は一度転職エージェントに相談に行って欲しいと思います。

 

以上『【体験談】ホワイト企業へ転職して驚いたこと。人が当たり前に、人として働く場所。』でした(^^♪

あわせて読みたい
ブラック企業が許せない
私が「ホワイト企業への転職」記事を書く理由。ブラック企業が許せない!こんばんは! 毎日が定時退社!アナログハリネズミです(/・ω・)/ 私は、ブログでも実生活でもホワイト企業への転職を推しまく...